千葉県銚子市の社交ダンス・元気ダンス教室

 のりこダンス教室

元気ダンス

介護予防ダンス『元気ダンス』について

『元気ダンス』とは?

『元気ダンス』とは、一般社団法人 日本介護予防ダンス協会(以降JPDS)が考案した、介護予防体操にダンスの魅力を組み込んだ一つのカリキュラムの事を指します。(1種類・1音楽などの体操・運動を指す言葉ではありません)
ボールルームダンスの各種を含める20種類以上のダンスの要素やリズムを取り入れて考案されているので、効率的かつ飽きずに楽しく続けられるカリキュラムになっております。
『元気ダンス』は、ボールルームダンスの元ロシアグランプリチャンピオン・池田耕治を始めとし、元バレエダンサー・元劇団四季俳優でもあった池田(篠田)裕美子や、柔道整体師・社会福祉士・理学療法士などが熟考を重ね考案されました。
そして、ダンス関係のテレビ番組にも数多く出演している、ボールルームダンスの元全日本チャンピオン篠田学・雅子、両名が監修し、顧問には福田康夫 元首相、相談役・推薦者にも多数の著名人や医師が名前を連ねております。

介護予防に役立つダンスの「魅力」

若年層に流行しているヒップホップダンスや、かつて誰もが小学校で習ったフォークダンス、伝統的なクラシックバレエや、色々な部族の民族舞踊まで…世界中に様々なダンス(そしてダンスをたしなむ人々)が存在するのは、「ダンス」がそれほどの魅力を持った文化だという何よりの証拠だといえます。

ではジャンルを超えたダンスの魅力とは?
それは『音楽に合わせて体を動かす喜び』です。
言い換えると、耳で受信して身体で発信することによる『自己表現の喜び』ともいえます。

JPDSではこの『ダンスの根源的な喜び』を、介護予防の面で最大限に発揮できるカリキュラムを作成し、従来の介護予防体操の課題を改善した  楽しい・飽きない・効果的な介護予防 を広める活動に取り組んでおります。

インストラクター養成講座も行っております

地域に元気ダンスを広めたい方、デイサービスで指導ができるようになりたい方、福祉に携わりたい方など、認定資格取得を目指す方はお気軽にお問い合わせください。

資格認定について

各級・ゼネラルアドバイザー
5級 愛好者・体験者
 指導資格はありません。『元気ダンス』の講座を体験された方は無試験で取得できます。
 協会の情報などを提供致します。

4級 アシスタントアドバイザー
 3級以上のアドバイザーの講習を補佐することができます。(指導資格はありません。)
 5級に加え、いくつかの学科講習を受講。無試験で取得できます。

3級 ゼネラルアドバイザー 同時に5名まで指導することができます。
 
2級 ゼネラルアドバイザー 同時に10名まで指導することができます。
 
1級 ゼネラルアドバイザー 同時に20名まで指導することができます。
 
プロフェッショナルアドバイザー
 各級ゼネラルアドバイザーや、アシスタントアドバイザーなど、全ての資格取得のための講習 を行うことのできる唯一の資格です。もちろん1級ゼネラルアドバイザーとしての活動もできます。